薬剤師会紹介

大和綾瀬薬剤師会のご案内

当薬剤師会は昭和52年に発足し、現在は公益社団法人として大和市・綾瀬市等で活躍する薬剤師・薬事関係者で構成された、会員148名(平成29年3月現在)が在籍する職能団体です。私たちは、市民に医薬品や衛生材料などを安全に適正に使用して頂くため供給体制を整え管理する事は勿論、公衆衛生や福祉介護分野においても広く活動し、地域に貢献する薬剤師会を目指しています。

両市内の小学校・中学校・県立高校においては、児童生徒が安全に安心して学校生活を送れるように、衛生の向上を目的とした様々な環境検査を実施しています。(給食施設・教室内の照度や空気・飲料水・プール水・アレルゲン等の検査)また、学校の依頼により『おくすり教室』を開催し、正しい薬の使い方の指導や、タバコ、飲酒、薬物乱用などから児童生徒を守るため『薬物乱用防止教室』なども実施しています。

薬を使用する機会が多い高齢者には、介護している家族を対象とした地域包括支援センター主催の『介護者教室』や、医療機関・介護保険施設・老人会などにも出向し、お薬を正しく使用するための学習会や啓蒙活動を行っています。今後は、認知症カフェ(オレンジカフェ)などにも参加しようと思っています。

救急医療においては、大和市地域医療センターに輪番で薬剤師を派遣し、市民が安心した生活を送る事ができる体制創りや、会営綾瀬休日調剤薬局は、日曜・祝日・ゴールデンウイーク・年末年始等に開局し救急医療に貢献しています。

当薬剤師会は、公衆衛生の向上や医療・福祉を充実することで市民を支え、日々変化する生活環境の中、市民が安心して暮らせる衛生環境を確保すると共に、市民生活の質の向上を目指す『地域に貢献する薬剤師会』として今後も活動を継続して参ります。

公益社団法人 大和綾瀬薬剤師会 会長 小川原 悟