薬剤師会紹介

大和綾瀬薬剤師会のご案内

公益社団法人大和綾瀬薬剤師会は1977年に発足(法人として)し、約170名の会員を有する職能団体です。薬の専門家として、医薬品の供給・管理を通して皆様の健康な生活環境を確保するため、保健・公衆衛生・福祉などの分野において幅広く活動を続けています。

地域薬局薬剤師は、保険調剤をはじめ一般医薬品の販売、お薬や健康・福祉の相談は勿論、児童生徒が通う小・中学校では教室内環境衛生検査や助言、学校給食設備等の衛生検査などを行い児童生徒が健康で安心して学校生活を送るために学校薬剤師としても活動しています。

地域の皆様から信頼される『かかりつけ薬局・薬剤師』の取り組みの一つに、「お薬手帳」による薬の飲み合わせや重複服用のチェックがあります。予期せぬ薬の副作用や同じ薬を必要以上に飲むことの無いよう、皆様の健康を第一に考え『かかりつけ薬局・薬剤師』として健康管理・維持に努めています。

また、処方箋をお持ちにならなくとも、お気軽に健康相談やサプリメント・健康食品と薬の飲み合わせや症状による医療機関への受診勧奨など、適正な情報を提供できる薬局・薬剤師を目指し、日々研鑚に努めています。また、大和市においては『健康都市やまとフェア』などの健康関連イベントに出展し、地域住民の健康維持・増進のお手伝いをさせて頂いています。

在宅医療においては、必要に応じて在宅へ出向き、お薬の飲み方や飲み合わせ、副作用の発現など「お薬の適正使用」をお届けしています。さらに介護保険サービス事業所や行政・保健福祉事務所等と協働し、在宅医療を受けている皆様に安心して療養して頂けるネットワークなどのシステム創りにも参画しています。

医療・福祉・介護そして行政の方々と協働し地域を支える体制づくり(地域包括ケアシステム)のなかで、市民・住民が病気になったり体が衰えたりしても、なじみのあるこの綾瀬市・大和市で最後まで安心して暮らせることができるように、そして誰にとっても住みやすい街にしたいと(公社)大和綾瀬薬剤師会は考えています。

令和2年6月19日

公益社団法人 大和綾瀬薬剤師会 会長 小川原 悟